海外転勤の住宅ローン控除

夫が海外転勤になり、家族がそのまま国内自宅に住み続ける場合、住宅ローン控除はそのまま適用されます。しかし、夫が海外転勤家族も転居する場合は住宅ローン減税の適用はなくなります。

元々住宅ローン減税は、自分や家族が自宅に住むことが条件になっています。これは国内転勤の場合も同じです。ただ途中で家族だけ自宅に戻った場合、自分だけが戻った場合は残存期限について控除を受けることができます。

以前は海外転勤の場合、家族が住んでいてもローン減税は適用されませんでしたが2016年に改正されました。

前の記事

海外不動産セミナー

次の記事

根強い貯蓄志向